映画

サウスポー あらすじ・レビュー

更新日:

数あるボクシング映画の中で最も悲劇のヒロイン。栄光、どん底から再起までの感動ストーリー。

あらすじ

世界中の誰もが名前を知るボクシング、ライトヘビー級王者のビリー・ザ・グレート・ホープ。

彼には最愛の妻モーリーと、愛娘のレイラがいる。

ある日、対戦相手となるエスパーの挑発を受け、喧嘩がはじまる。

同行していたエスパーの兄弟が銃を発泡し、運悪くビリーの妻モーリーに命中してしまう。

最愛の妻であるモーリンを失った悲しみからどん底に落ち、愛娘であるレイラも児童施設に引き取られてしまう。

すべてを失った男は再起を誓い、再びリングへ…

 

 

☆見所ポイント☆

迫真の演技

もとはエミネムが主演を務める予定だったがスケジュールが合わずに降板し、今作の主演ジェイク・ギレンホールに出番が回ってきました。

ライトヘビー級世界チャンピオン、ビリー・ザ・グレート・ホープを演じるために、肉体改造を行い、体重を−7キロも減量したみたいです。

作品を作り上げていく上での覚悟を感じ、最高にカッコイイ悲劇のヒロインを演じてくれました。

 

ぼろぼろのチャンピオン

闘志をむき出しにして怒りを爆発させるビリーのファイティングスタイルは数々の敵をKOで倒していく姿は圧巻です。

しかし、ノーガードで殴られ続けてボロボロになることもあって、妻のモリーと愛娘のレイラは試合が終わるたびに心配します。

いくら勝利を収めてもあれほど身がボロボロになれば家族は心配しますよね。

ほとんど喧嘩に近い試合は、観客として見る分には緊迫とした臨場感を味わえて盛り上がるんでしょうけど、家族としてみればハラハラして見てられないでしょう。

 

どん底から再起

誰もが名前を知るライトヘビー級王者のビリー・ザ・グレート・ホープ。一番の理解者であり、最愛の妻を失った悲しみからどん底に落ちていく姿は見るに耐えない状態でした。

最後に残された愛娘のレイラまでも失い、人生のどん底に直面している彼に同情してしまうほど、、

妻を失った悲しみを克服して成長していく姿は物凄く感動しました。

人は悲しみや辛い時期にこそ真価が問われるといったことを改めて気づかせてくれるストーリーです。

 

感想 まとめ

ボクシング映画で有名な作品は?と聞かれれば代表作として「ロッキー」と答える人が多くいると思います。

そんな「ロッキー」にも引けをとらない作品だと感じました。

全てを失ってもなお立ち上がっていく姿は本当にかっこいいです。

ボクシングのことは全く知らない人でも、ビリーの勇姿を見て感動することは間違いないでしょう。




おすすめ記事

1

  ここ直近の映画で立て続けに泣くという、、   最近、涙腺がやたら弱くなってきたmuumoさんです。   感性が豊かになってきたのかな??   それより本題、 ...

2

恋人が出来て順調にいっている。   または、長年寄り添っている恋人がいる。   またまたその逆で、長年恋人がいない…   どうもこんばんは、MUUMOさんです。 &nbs ...

3

多くの時間を犠牲にしてまで練習に打ち込むアスリートは本物。 練習よりも遊びに気持ちが流れるのは二流以下。 こんばんは、二流アスリートのmuumoさんです。 今回は誰もが感動するスポーツ映画の紹介してい ...

-映画
-, , ,

Copyright© MUUMO BOX , 2018 All Rights Reserved.