映画

最強のふたり あらすじ・レビュー

更新日:

実話を元にした、心温まるヒューマンドラマ。フランス映画史上二番目の大ヒット。また、日本で上映のフランス映画史上一番の大ヒットとなった「最強のふたり」について紹介したいと思います。

主な出演者

フィリップ(フランソワ・クリュゼ)、ドリス(オマール・シー)、マガリー(オドレイ・フルーロ)、イヴォンヌ(アンヌ・ル・ニ)、アダマ(シリル・マンディ)

あらすじ

パリに住む白人男性のフィリップ、彼は頸髄損傷により身体を自由に動かせない生活を送っている。

付きっきりの介護人面接志望者が度々訪れるが、その都度フィリップのことを障害者とみなし嫌気をさす日々である。

そんなの中、スラム街出身の黒人男性ドリスがやって来る。

彼は一切介護経験はないが、失業保険が欲しいがために面接を受けに来たのだ。 フィリップに対して障害者とみなさない言動や行動を気に入り、介護人として雇うことに…

☆見どころ☆

微笑ましいヒューマンドラマ

アクション映画のような派手な演出は全くないが、物語の内容にとても引き込まれていきました。

ドリスの明るい性格が、障害者であるフィリップの制限ある人生を豊かにしていく姿は感動します。

また、最初から最後まで、ドリスとフィリップのやりとりに笑いがあって楽しめるんですよね。

今までの介護人なら普通気を使うところを、ドリスはおかまいなしに行動や発言をするので、はちゃめちゃな看護にはなってるんですが、これをフィリップは嬉しがっていました。

本当に仲の良い友達とは気を使わずになんでもバカをし合える。 まさに私も友人関係で共感する、理想的な関係性だと思いました。

2人の相性が抜群

一応ドリスは使用人で、フィリップは雇用者となるのですが、2人の間には一切仕事としての行動を見せずただ、友達として純粋に日常生活を楽しんでるんだなと感じさせてくれます。

最初は介護の仕方が全くわからないドリスにはらはらしながら見てたんですが、徐々に息のあった会話や行動はかなり笑えました。

最後にはドリスは使用人だったことなんてすっかり忘れていましたからね。笑

ドリスの思いやりに感動

いつもはめちゃくちゃな介護の仕方で笑わせてくれるドリスですが、本当は非常に人情深くて良いやつなんですよね。

いつもフィリップの娘のエリザに見下さされてるるドリスですが、彼氏に酷い振られ方をしてひどく落ち込んだ時は慰めてました。

しかも彼氏の家まで乗り込んで懲らしめに行ってしまうところなんてドリスらしいです。笑

また、フィリップが発作を起こして危ない状況ではしっかりと介護人として対応をしていて、落ち着くまでずっと面倒をみています。

普段おちゃらけてるドリスが真剣な表情になりフィリップを介護する。 それだけで優しさあふれる男だと思いました。

まとめ 感想

なぜド派手なアクション映画や、創造性のあるSF映画ではないヒューマンドラマが世界的にウケたのか?

それは今作が人間的な暖かさ溢れんばかりの作品だからだと思いました。

昔に比べて人付き合いが薄くなりつつある現代社会において、結局人は、人と関わって生きていくことでより人生を豊かにしていってくれるんだと感じさせてくれました。

それも薄っぺらい友人関係ではなく、ドリスとフィリップのようなお互い気を使わないバカし合える関係性。

最初から最後まで笑いあり、感動ありといった作品なため、一度は「最強なふたり」を鑑賞して心温めてはいかがでしょうか?( ˘ω˘ )




おすすめ記事

1

  ここ直近の映画で立て続けに泣くという、、   最近、涙腺がやたら弱くなってきたmuumoさんです。   感性が豊かになってきたのかな??   それより本題、 ...

2

恋人が出来て順調にいっている。   または、長年寄り添っている恋人がいる。   またまたその逆で、長年恋人がいない…   どうもこんばんは、MUUMOさんです。 &nbs ...

3

多くの時間を犠牲にしてまで練習に打ち込むアスリートは本物。 練習よりも遊びに気持ちが流れるのは二流以下。 こんばんは、二流アスリートのmuumoさんです。 今回は誰もが感動するスポーツ映画の紹介してい ...

-映画
-, ,

Copyright© MUUMO BOX , 2018 All Rights Reserved.