映画

デッドプール あらすじ・レビュー

更新日:

アメコミ史上最も無責任なヒーロー。

marvelシリーズ初のR指定作品でありながら、R指定作品で世界興行収入記録の更新。世界が注目したダークヒーロー作品を紹介します。

あらすじ

デッドプール /ウェイド・ウィルソンはなぜ自身がデッドプール となったか説明を始める。

悪党狩りを職業にして生活をしてたある日、ヴァネッサという女性に一目惚れをして付き合うことに。

婚約までして順風満帆な人生を送ると思いきや、突然末期ガンとの診断を受け死を覚悟する。

そんなとき、ウェイドの元に謎の男が現れて人体実験を勧められ、死ぬか実験体になるかの状況で実験体になることを決意し、フランシスという医師のもと施術を受けることに。

意識が戻ると自分が醜い姿であることに気づきひどく落胆してしまう。

フランシスの本当の目的はミュータントして変えた者たちを武器として売ることを目的としてたのである。

自分が利用される前に気づいたフランシスは相手の隙を見計らって懸命に脱出することに成功。

しかし、醜い姿ではヴァネッサのもとには帰れず…

こんなに醜い姿に変えたフランシに憎しみを抱き、超人的な力を得た男の復讐劇が始まる。

 

 

☆見所ポイント☆

X-MENと繋がっている?

今作では、X-MENに関わってくる人物が数人登場します。

ミュータントとしての能力を得たデッドプール /ウェイドをX-MENのメンバーに取り入れようと必死に説得するも、デッドプール の性格上群れることを嫌うためとにかく逃げまくります(笑)

X-MENの存在はちやほやしか出て来ないんですが、X-MENを全シリーズ見たことのある私にとっては非常に見応えのある作品でした。

続編が出た場合、今後どのようにして関係性が生まれてくるのか気になりましたね。

世紀の無責任ヒーロー

善良な心を持ち合わせて悪党と戦うんですが、なぜかいつものヒーローとは違います。笑

破天荒ぶりからめちゃくちゃなやり方で悪党を懲らしめていくんですが、悪党に対しては残虐性が非常に高いです。

傭兵時代から培ってきた持ち前の体術に加え、ミュータントとしての能力を得てからは、ほぼ無敵なんじゃないかってくらい凄まじく強かったです今回のヒーローは。

過激な表現が多いがとにかく面白い

下ネタありまくりの過激なシーン連発といったR指定に相応しいと感じました。笑

ここまで残虐性のあるヒーローは新鮮味があってなかなか面白かったですよ。

爆発的な人気を誇り、歴代興行収入記録を塗り替えた作品なだけはありました。

感想 まとめ

私の個人的な感想としては、残虐性はあるがヒーロー性があって笑いありといった内容で、とにかく面白くて、楽しめる作品でした。

R指定で少し観るのを迷ってる人でも、それほど後味の悪い作品ではないため見てみてください^ ^




おすすめ記事

1

  ここ直近の映画で立て続けに泣くという、、   最近、涙腺がやたら弱くなってきたmuumoさんです。   感性が豊かになってきたのかな??   それより本題、 ...

2

恋人が出来て順調にいっている。   または、長年寄り添っている恋人がいる。   またまたその逆で、長年恋人がいない…   どうもこんばんは、MUUMOさんです。 &nbs ...

3

多くの時間を犠牲にしてまで練習に打ち込むアスリートは本物。 練習よりも遊びに気持ちが流れるのは二流以下。 こんばんは、二流アスリートのmuumoさんです。 今回は誰もが感動するスポーツ映画の紹介してい ...

-映画
-, , ,

Copyright© MUUMO BOX , 2018 All Rights Reserved.